思い出の品
主にブログで仲良くさせてもらってる、人狼仲間のリッキーさんのところに生産キャラで頑張ってる様子が書いてあります。
それを読みながら少し思ったことを書きます。

パソコンも初心者で、ネットゲームも初めての私が、
まだヤングを卒業して間もない頃、
ゲーム馴れもしてないし、パラリなども知らなかった頃、
とても親切にしていただいた方が何人かいます。

その当時の私から見ると、その方たちはスーパースターでした。
何しろ武器、防具は作れるし、素敵な色の洋服は作れるし、
家具やルーンブックやポーション樽も作ってくれました。
初めて手に入れた家にも先輩たちの名前の入った家具などが並びました。

当然私もそうなりたいなと思いました。
最初の生産キャラを作りました。
そのキャラの今のスキル構成は、
鍛冶、裁縫、120
掘り、大工、細工、魔法GM
音楽45、etc
です。
他にも生産キャラはいますが、このキャラは特に愛着があります。
育てるのに時間が掛かったから、と言うより掛けたからです。
頑張れたのは先輩たちのおかげです。

そして、自分の名前の入った洋服や武器を手にしました。
とても嬉しかったです。

暫くして、何人か知り合った方たちがUOを引退されました。
手元には、もう二度と手に入らない名前の入った武器防具や家具などが残りました。

それ以来、
自分の持ち物や家に置くものは、
知り合った方に無理を言って作ってもらいます。勿論名前入りで。

人から見るとゴミかもしれませんが、
そこには私が生活してきたUOの歴史とか思い出が一杯あります。
セキュアが圧迫されるのは辛いですが、これからも大切にして行きたいと思ってます。

そんな事を考えてしまいました。

※ちなみに、フリスクさんの様なオチはありません。
[PR]
by nimotti_UO | 2005-06-09 23:07 | 思い出
<< 飛鳥で迷路の家探索 花婿選び? >>